2019年11月16日

峠の手前

夕陽が綺麗じゃの!KIMG0440

毛利寺有之元就(通称あり) はウマをとめて暫く西の空をみいっていた

三子教訓状

見渡せば敵だらけのこの戦国の世
3人の子らに送った有名な書状
毛利得濡賄輝元(通称NY)IMG_20191116_182656

吉川元春春(通称haru)IMG_20191116_182621

小早川隆景乃垂内(友汰)Fotor_157389646391559

一本ではすぐに折れてしまう矢でも3本合わせればそう折れない!
Fotor_157389654287151
我歯歯王国!
そして国を大きくしようという野望は捨て現状を保てる様頑張るのじゃ
場都流や紺手洲都な戦は勝って見方も増えるが敵も増やしてしまうからじゃと!世の中の恨み辛みほど恐ろしいものは無い、また敗れて隠居してしまうという怖さも持ち合わせておるからじゃ!


そして家督を得濡賄輝元に譲ろうとした矢先
尼子の参謀で後の日本酒製造の神とまで言われた山中豚之助肛門(これでなかのかなこと読むらしい)が北からベロベロで夜友を引き連れ1534060104307

元春春の居城を大内の残党で和田兄弟大珍(これでダイジンと読むらしい)が一斉に襲いかかってきた!Fotor_15738966844025


家督を譲るのは早かった様じゃのう爺や
と側近の瓶墓老丸に語りだした

なんでしゅか?

Fotor_157321655663850


瓶墓老丸は恩歳96歳頷くのがやっとの身でありながらダイジンへの積年の恨みもあり
殿、此度の戦我に指揮をとらせてくださいと何を言うてるのか分かりにくい声ながらなんとか殿に通じたようで

では爺、任せたぞと快諾した

長長寺付近で陣地を張り阿波卯斗という戦法で南船場の出方を見る大珍


一度和歌山の肉をむさぼりついてから南船場へ切り込もうとしている肛門Fotor_157389706143525


謝肉祭四四の戦いは明日火蓋が開けられる
垂内は謝肉祭の戦いでは19時の刻に出番なのに大珍の嫌がらせで18時50分まで垂内を歌わせるというなんとも卑劣な業に出よったからに阿波卯斗は全滅させよー!

と前哨戦に乗り出した放流爺でありましたが石ころにけつまずいて命絶えてしもた!
また死んだのか?😥Fotor_157271742596384

もみもみ💕

明日泣いても笑っても明日決戦!1573600233753







kaizoku00006969 at 18:39│Comments(0)短編小説 

コメントする

名前
 
  絵文字